IMG_9507バスに、よく乗ります。

白金高輪の駅ができる前は、古川橋周辺は陸の孤島で、電車に乗るには三田・田町か、あるいは広尾まで出るかでした。

なのでその頃からバスに乗る機会が多かったんですが、慣れているとバスってけっこう便利で、思わぬところと思わぬところを結んでいたりします。

事務所も会社も丸ノ内線沿線なので、普段は白金高輪から地下鉄乗り継いでいきます。
でも、品川から新宿西口行きのバスっていうのがあって、これが家の近所を通ります。

急ぐ旅でないときは、のんびりバスに揺られていくのも悪くないです。

車窓から、街並みと街ゆく人々を眺めながら。
広尾、西麻布、墓地下、青山一丁目、権田原、信濃町駅前、四谷三丁目。

慣れ親しんだ地元東京の風景ですが、それでも毎回、あれ、こんなところに面白そうな店が出来てるぞ、などと気付いたりもします。
新宿一丁目で降りるまで、30~40分ほどの小旅行。

時にはバスに乗りながらポケモンしてたりもします。
電車だと早すぎてエラーになるのですが、バスだと大丈夫なんですよね。
都バスには車内wifiもありますし。

今日隣に座ったオジサン、70歳くらいかな、「お、ポケモンですね、私もです」と話しかけてきました。 
「たくさん歩くから、年寄りにはいいですよね」と、にわかにポケモン談義に花が咲きます。 

ところでバスに乗ってひとつだけいつも疑問に思うのは、母親はどうして自分は立って、子どもを座らせようとするんだろう、ってことです。

私は、子どもが立つべきだと思っています。
そして、ちょうど同じ目線の高さになって、いろいろお話をするのがいいと思います。

そうやって社会の規範というか、人としての素養を身につけていくものであり、それが躾だとは思うのですが。

むろんなにかと教育勅語、「爾臣民父母ニ孝ニ」なんて話じゃあありません。
そうじゃなくて、自然に親を座らせる子どもに育って欲しいと思います。
私は、そうやって子育てしてきたつもりですが。

もちろん、疲れ果てて今にも寝ちゃいそうな子どもを立たせろ、って話じゃないですよ。

まあそうは言っても、その家の、その親の躾の考え方もあるわけだし、子どもの前でその親を否定するようなことを言うことは、もっとも慎むべきことですから。
しゃしゃり出て口を挟むなんてことは絶対しませんけど。 

写真名