IMG_8128先日、雑誌についてお話をさせていただく機会がありました。

私が40年近くにわたって関わってきた、雑誌を作り、そして売るということについて。
そしていま苦境にある雑誌の、これからの可能性について。

なんて、あまり偉そうなことはいえませんが、自分がやってきたことと、いま思っていることを正直にお話させていただきました。

話すというのは、自分のなかでいろんなことを整理し、系統立てる作業です。そしてそこに、新たな気づきや反省も生まれます。

そうか、そういうことだったんだなぁ、と。

そしてまた、過去のことを語るということは、同時にそこに関わってきた大勢の人たちへのオマージュであり、リスペクトでもあります。

とてもいい機会を与えていただいたな、と思っております。

企画してくださったスタッフ、そして話を聞いてくださったみなさんに、感謝申し上げたいと思います。

さていま、なんと50年前に刊行された雑誌に関連する番組企画のサポートをしています。 
年末押し詰まったところで、たくさんの方にお目にかかっています。
そしてそのお一人お一人のお話が、歴史が、素晴らしいことに圧倒されています。

いい番組に繋げることができたらいいなと思っています。

東京近郊ばかりでなく、明日は新潟県、来週は愛知県、その翌週には九州に行くことになりました。
けっこう強行軍なので、体調はしっかり管理しないと、です。