IMG_4718そろそろ1周年に向けてのカウントダウン状態になって参りました。

かっこよくなりたい!ということで始まったブログです。
人生の様々なシーンにおいて、かっこいいか悪いかという主観的な基準で判断してきました。

「かっこいいかどうかを大切にしたい」

これは尊敬する友人が、初対面のときに言った言葉です。

漠然と、でもずっと思っていたことを、ズバッと言われました。

そうか、そういうことだよな。
そう思っていたのは、自分だけじゃなかったんだ。

たぶんあの時、私はカミングアウトしたのかなと思います。
それまでは多分、かっこいいのがいい、なんて言葉にして言うのは「かっこ悪い」って思ってたのかもしれません。

でも毎度の話ですが、かっこいいってなんだ?という話になるわけですけれど。
難しいですね。
SEALDs風のラップコールに載せて言えば、Tell me what Lookin'good looks like!
もしかしたらLookin'good!というよりもCool!かな?

とりあえず、かっこ悪いのはいやだ、と思います。
かっこ悪いと思うことをどんどん自分から追放していけば、自然にかっこいいに近づけるかもしれません。

人を見て、これはかっこ悪いよなと思うことを、自分はしない。
それは、ファッションやカラダ、立ち居振る舞いのような外見的なこともそうですが、もっと生き方すべてを含めて。
かっこ悪い人を見て、ああはなりたくないと心に決めます。 

昔、EAPのカウンセリングを受けたことがあります。
その時に、「ああはなりたくない」という否定が強すぎると言われました。
むしろ「ああなりたい」という肯定的な目標を立てた方がいい、そのほうが楽だと。

確かにそうでしょうね。
働くという場面において、ストレスをいかに軽減していくかは重要なテーマですから。
楽なほうがいいに決まってます。
でも残念ながら、当時身近には「ああなりたい」と思える人がいませんでした。

そしてもさらによく考えてみたら、楽なほうを選択するという時点で、それはかっこ悪いと思っている自分がいました。
これじゃぁ、無理ですね。

そうじゃなくて、楽しいほうが、いい。

字面はとてもよく似ているけれど。

楽をしてたら、楽しいことはできないと思うから。

データ
黒いジージャン:H&M
胸にパッチワークのある長袖Tシャツ:ニコルクラブ
黒いスリムフィットのデニムライクパンツ:G.U.
メッシュのマリンシューズ:VANSPIRIT

注1  EAP  Employee Assistance Programの略、直訳すれば、従業員支援プログラム。メンタルヘルスケアによる生産性向上を目的としています。あのころは、あんなふうにはなりたくない、と思う集団から自分自身の精神的独立を守ることで精一杯でした。