IMG_3634被災地では、大変な日々が続いていることと思います。

ニュースでは新幹線や高速は開通したということですが、普通の日々の暮らしを取り戻すためには、まだまだ時間がかかりそうです。

私はとても幸運なことに、災害に遭遇したことがありません。
だから、日々の暮らしを失うということがいかに大変なことなのか、本当のところは甘く考えているんじゃないかとも感じています。 

連休初日、緊急持ち出し及び家庭内ストックの確認と整備をしました。
参考書は、例の東京都が作った黄色い表紙の「東京防災」です。

食品関係は、賞味期限の来たものを交換します。
ラジオや懐中電灯などは、バッテリーも含めた作動チェック。

足りないものは、ホームセンターや百均へ買い出しに。

ミネラルウォーターは、2L6本入り3箱を配達してもらいました。
食品は、緊急持ち出し用ではなく、普段から多少多めにストックしておくという日常備蓄のスタイルです。

ごちゃごちゃに入っていたものを、家族三人それぞれの担当リュックに再編成し直しました。

災害時の家族の連絡は、災害用伝言板などもありますが、多分LINEが一番いいんじゃないかと思います。
今回もケータイは繋がらなくても、LINEはずっと生きてたといいますし。
ウチでは普段から家族の連絡用に使っているので、慣れています。

問題は充電ですね。
モバイルバッテリーは、フル充電して保存しておくと劣化が著しいらしいので、災害緊急用には不向きです。
ガラケー時代は電池を入れて充電するものがコンビニとかで簡単に手に入ったけれど、いまはモバイルバッテリーが主流なのでそれもあまり見かけません。

東日本大震災の後に用意した手動で回すダイナモ充電器も家にありますが、これはUSB非対応です。
ていうか5年前は、まだそうだったんですね。

とりあえずはUSB対応のダイナモ充電器がいいかな、ということで、ネットで注文しました。

データ
ベースボールシャツ風デザインの縦縞トレーナー:ニコルクラブ
グレーの長袖Tシャツ:UNIQLO
グレーのストレートデニム:G.U.
グレーのスリッポンスニーカー:G.U.