IMG_3305ここのところスリムフィットとかスキニーとかテーパードとか・・・細身のデニムを履くことが多いので、久しぶりにストレートをはいてみると、あれ、ああそうか、みたいな感じになります。

緊張感みたいなものがなかったり、すこし全体的に緩んだような気分になるというか、そんな感じかな。

それとは別に、なんか今日の出来がイマイチだなぁ。

このジャケットとこのパンツの相性が良くないのか?
それともシャツの問題もあるのかもしれません。

ストライプの、しかもBDでかつダブルボタンの襟高のシャツという、クールビズ専用みたいなシャツに、シンプルなグレーの麻のジャケット。
これは麻100%ですが、総裏なのであまり崩して着る感じじゃないです。

胸元あたりの印象は比較的カチッとしたものになるのではないかと。

しかし、下半身はどうかというと、シャツはタックアウトして緩めラインのジーンズ、足元だってスニーカーと、こちらはリラックス感あふれるというか、そんな感じ。

だから上と下のバランスがとれないのかなぁ、と思ったのですが。

でも、それだけじゃないなぁ。
やっぱり、このクールビズ襟高ダブルボタンにも問題がありそう。
そもそもこれが中途半端なんだよなぁ。

私はまだ首が長いほうだからなんとかなるかも?だけど、首の短い人だったら、埋もれてしまいますから。
礼服とかならそういう感じが逆に緊張感あっていいんだけれど、カジュアルでは相反する要素になってしまいますね。

とりあえず、シャツを入れてみました。
う〜ん、これはこれでこっちのほうが落ち着くかもしれない。
怪しい不動産屋みたいだけど。
でも、クラッチバッグは死んでも持たんぞ。

とりあえず今日はこの後、こっちで行こう。

写真1

データ
グレーの麻100%ジャケット:H&M
ストライプのBDWボタンシャツ:WAWA
黒いストレートのデニム:Levi's
黒いハイカットバスケットシューズ:コンバース オールスター
黒いエナメル仕様のリュック:オロビアンコ

注1  ダブルボタン イタリア語でドゥエ ボットーニなんて言ったりしてますが、オジサンたちが、ネクタイのない淋しさを紛らわす手段として、襟元になんかアクセントをってことだったんでしょうね。ダブルカラーなんかも同じ。
注2  総裏 麻や綿の薄手のジャケットは、夏仕様というか、裏地のないタイプが多いのですが、たとえば袖をロールアップしても裏地が出ないので、そういう着方がしやすいです。でも総裏だとそうはいかないですね。ロールアップじゃなくて、たくし上げる感じとか。