IMG_7199_2私立の幼稚園の理事をしています。
今日も朝から会議がありました。
 
いま26歳の下の息子が通っていた幼稚園ですから、もう卒園して20年ですね。
我ながらよく続けてます。

ご縁はできるだけ大切にして、求められることを担っていくということは、自分のなかでもそれなりに自然なことだと感じています。

ただ、私の考え方の基本はペイ・フォワードなので、お世話になったからお返しするという感覚とはちょっと違いますけどね。 

ということで本日の幼稚園登園スタイル、というか・・・ 保護者ルックですが。

ブルーデニムのジャケットに、胸元にパッチワークを貼り付けたTシャツ。

その昔、息子を送り迎えしていたころの雰囲気、出てるかな。
まあ、若かったですけどね。
そう言えばその頃、いちばんジーンズの似合うお父さん、と言われたことあったなぁ。
なんだよそれ、という感じでしたが。

今なら、ジーンズの似合う(かどうかですが?)おじいちゃん、か。
それはいいですね。
がんばらなきゃ。

データ
ブルーデニムのジャケット:ニコルクラブ
胸にパッチワークを貼り付けた白の長袖Tシャツ:ニコルクラブ
ライトグレーのカラーデニムパンツ:H&M
黒いビニールエナメルのランニングシューズ:ナイキ
黒いリュック:オロビアンコ

注1 ペイフォワード Pay it Forward 「可能の王国」 人から受けた親切や好意、恩をその人に返すのではなく、別の人に、次に渡していく。同名の小説と映画です。それは、自分の行為に見返りを求めないということでもあります。閉じた関係ではなく、永遠に引き継がれて繋がっていけるといいなぁ。