IMG_0522本日関東地方も梅雨入りです。
しばらくは青い空ともお別れかなぁ。
超強力晴れ男の私ですが、さすがに梅雨とは勝負しないようにしています。

さてなんと三日連続のボーダーになってしまいました。
決してボーダーオジサンではないのだけれど、Test1と合わせると12回のうち4回がボーダーになってしまっている!
これはしばらくはボーダー禁止にしようかな。

ていうか、今日のボーダーは白地に淡いグレーなので、あまりボーダーボーダーしてないかもですけどね。

今日のテーマというか、別に毎日テーマがあるわけではないんですが、ポイントととしてはボーダーではなく、再びロールアップの話です。

上に着たちょっと見はダンガリー風、実は麻100%のジャケット、袖の作りがシャツ風になっています。
腕まくりしやすいというか、そう着るようなデザインと言ったほうがいいのかもしれません。
通常の総裏のジャケットだと袖にも裏地があるので、まくったときに裏地が出てきてしまいますが、夏仕様は綿でも麻でも裏地がないから、ロールアップしてもすっきりします。

夏ジャケットは、ロールアップ。
これ、おすすめです。

もし長袖ワイシャツを下に着ているのなら、一緒に折り返すか、それともたくし上げる風にするか。Tシャツと違って、そのままゾロッと出すのはちょっと、かもだと思います。

中のボーダーTシャツは、七分じゃないな、八分くらいかな、ちょっと短めの袖。たくし上げてももたつかない感じです。
逆に、冬のスタイルでまくったニットや厚手の長袖Tシャツと重ねるときは、下のは少し長めのほうが。手のひらにかかるくらいが可愛いのではないでしょうか。

パンツは、ややスリムの黒いデニム、お、ここでもひと折りだけロールアップしてるな。
靴はコンバースのオールスターですが、先日のビニールエナメルのではなく、キャンバス地の黒です。
デザイン的には同じレースアップのハイカットですが、ビニールエナメルのものより少し浅めになってますね。なぜかな。

手に持ったリュックは、荷物が多いとき用。
今日はカメラや傘が入ってたり、ジムにも行ったので着替えが入っていたりと、大荷物なので。

サムソナイトのものですが、ストラップのクッション性とか、小さいポケット群とか、私の持ってるリュックの中では、機能的には一番優れているかな。
容量も大きいので、ついついたくさん入れてしまいがちですが、ぱんぱんになったリュックを両肩で背負ったりするのは、街着としてはちょっとアレなので、気をつけましょう。

あ、それから文中の専門用語的な言葉について、脚注を入れることにしました。今日のでいうと、レースアップですね。クリックするとページ一番下の注に飛びます。昨日までの各エントリーも対応させましたので、ご参照ください。

データ
麻のシャツ風ジャケット:忘れました。多分、渋谷かどこかの路面店だったかと。
白×淡いグレーの八分袖ボーダーTシャツ:アニエス べー
ややスリムなラインの黒いデニム:UNIQLO
黒いキャンバス地ハイカットバスケットシューズ:コンバース・オールスター
首に巻いた紺色ベースの手染めシルクのスカーフ:バリ島
手に持ったリュック:サムソナイト・エアチャンネルシステム
茶色いセル縁+メタルのサングラス:H&M

注1 レースアップ 靴ひもで編み上げて締めるタイプの靴。靴ひものことはシューレースと言います。